記事
天気の悪い日に出没する『便乗君』。夫を迎えに駅へ、便乗君「便乗させてくださいよ〜」便乗君の指示を無視して我が家まで便乗させた。私『おやすみなさい』→その後!
2023/11/14

広告

翌朝、目覚まし時計が鳴ると同時に、私は眠ったままの便乗君の存在に気づいた。昨夜、彼が我が家まで便乗したことは、私のごまかしの技によって見逃されていた。突然の事態に少し戸惑いながらも、私は素直に彼を起こすことにした。 「おはようございます。もう起きる時間ですよ」と私が便乗君に声をかけると、彼はまだ寝ぼけた顔で目を開けた。

「おはようございます、申し訳ありませんが、便乗させてもらってしまいました」と彼は言った。 私は微笑みながら彼に言った。「まあ、いいですよ。天気が悪い日には誰かと一緒にいることも心強いですからね。ただ、次からはちゃんと声をかけてくださいね」 彼はにっこりと笑って頷いた。

「はい、次からはちゃんとお願いします」と言った。 その後、私たちは朝ごはんを一緒に食べ、少し話をしてから別れることになった。便乗君は私に感謝の言葉を伝え、その場を去っていった。 彼の存在は突然のものであり、私にとっては忘れられない経験だった。天気の悪い日に出没する彼のような存在が、私たちを思いやりの心で包むことは、心地よいものだった。私は彼を見送りながら、またいつかの再会を期待することにした。